美味しいニシンそばを食べたい時にググって探したりしない

「ながらロボットプログラミング教室」もやってるWEBマーケッターの右高(ミギタカ)です。

ここ最近、SNS上でボクの周りでニシンそばを食べる人が急に増えたので、流されやすいボクはどうしても美味しいニシンそばを食べたくなりました。

まず、頭に浮かんだのは以前食に関して絶大な信頼をしている先輩が好きだと行っていた関市にある「助六」というお蕎麦やさん。ちょうど午後から打ち合わせだった方を誘って行くことにしたんです。

これからはつながりの経済と言われてますからね。検索なんて一切しません。

検索したところで、上位の蕎麦屋さんはSEOで上位にいるだけかもしれない。だいたいニシンそばが美味しいかどうかなんて、検索ではわかりっこないと思ってます。

食べログだって似たようなものです。知らない人から勧められても自分に合うかどうかなんてわかりません。

だから、目指すは「助六」っす。

いつものようにスマホのGoogle Mapをセットしていざ出発と思ったら…

「助六」は今日は閉まっている可能性があります。本日休業

 

えーーー!マジ⁉︎ もう、がっくりです。

でも、同時に今わかってよかったーって思いました。片道30分ですからね。

Google Mapえらい!検索はあまりしないけど、えらいです。

でも、もっとえらいのは「助六」さんです。

実は、これ「助六」さんがgoogleマイビジネスっていうGoogleの検索の上に表示してるサービスをちゃんと利用してるから。

ボクも含めてお客さんって案外お店の定休日って覚えてないもんです。

だから、お客さんのためにも登録しておくことをオススメします。下手なホームページよりも全然いいですよ。しかも、無料です。使いましょう。

ってことで一緒に行く方のオススメで別のお蕎麦やさんで食べることにしました。

ちなみにここは「瑠草」っていうお蕎麦やさん。ここも美味しかったですよ〜

 

それでは〜♪

エクスマエヴァンジェリストコースを終えて、今思うこと。

エクスマエヴァンジェリストコース(エヴァ)が終わって4日経ってもまだまだ引きずってる「ながらロボットプログラミング教室」もやってるWEBマーケティングアドバイザーの右高(ミギタカ)です。

 

勢いで申し込んだエヴァンジェリストコース

このエヴァで学んだ半年が終わってみて思うのは、一昨年の秋に卒業したエクスマ塾最終日のこと。あの時、勢いとはいえよくぞエヴァを申し込んだなって思うんです。ほんと自分を褒めてあげたいなって。それぐらい学びの多かったコースでした。

きっかけは、エヴァのときに必ず出てくるあの紫のイス。あそこに座ってみたい。あの場に行ってみたい。そんな単純な動機。そんな動機で何十万もかけていくんだからまあ、バカですよね。

エヴァ初日の写真。あの憧れの紫のイスが並んでます(笑)

 

でも、これって大事なことだったと今は思います。

だって、そんなの冷静になんて考えたら無理。普通にあり得ない選択です。

理由は損したくないから。

エヴァに行ったら売り上げがあがるとかそんな保障はどこにもないし、そもそもそういう目的のコースでもない(笑)

 

なのに、それでも行くと決めたのはやっぱりエクスマに触れていたから。

エクスマの藤村先生の言葉には、こんな言葉があります。

 

「迷ったら、どちらが儲かるかではなく、

  どちらが楽しくてどちらが好きかで選ぶ。」

 

どちらが儲かるかっていうのは、得するか損するかの軸です。頭で考えるってこと。

そして、楽しいかどうかは、好きか嫌いか、やりたいかやりたくないか。心や直感で感じること。

だから、こわいけど素直に行きたいと思った方を選択しました。

そして、案の定こわかった~(笑)

だって、あきらかに自分のキャパ超えてましたからね。

最初、なんでこんなすごい人たちの中にボクはいるんだろうって後悔したくらいです。

ただ、じゃあやめるのかと言ったらその選択はなかった。とにかく、最後まで行く。

それだけ決めてました。

 

自分を見詰めるって難しい

とにかく藤村先生に言われた「自分を見詰める」ってことを半年間ずっとしてました。

で、実際やってみると自分を見詰めるって全然わからない(笑)

どうやって自分を見詰めればいいのかがさっぱりわかりませんでした。まあ、アホです。

人は自分の嫌なところは無意識に隠したいし、見たくない。だから、もう巧妙にするっと逃げるんですよね。見なくていい言い訳をつくる。

もう、ほんとに最後の最後まで逃げまくっていました。

だから、スライドがほぼ出来たのは前日の朝4時。そして、行きの新幹線で思いつくことを全部入れました。そのまま本番です。ぎりぎりすぎるわ、自分(笑)

この写真は、同期のタクミが撮ってくれました。タクミありがとう〜!

そして、本番も何しゃべったか正直覚えてないです。

本当に最初から最後まで皆さんにはご迷惑とご心配をおかけしました!

 

エヴァの最後に芽生えた感情

でも、おかげで発表のあとは憑き物が取れたみたいに心が軽くなりました。

そりゃそうです。長年、心の中に隠してたものを吐き出したんだから。

そしたらね、違う感情が芽生えました。この体験を伝えたいって。

これは、自分でも信じられない気持ちです。

それまで、それがありませんでした。だから、ブログもだんだん書けなくなったんです。

でも今は、伝えたいって気持ちがあります。どうしても伝えたい。

だから、卒業のときに完成でできなかったスライドをどうしても完成させたいなって今は思ってます。

だから、今日はその決意を書きます。

 

 

 

 

やんぞーーーーー!!

 

 

 

それでは~♪

ココがすごい!すぎちゃんの富士山ビューポイントツアー

いまだに寝ても覚めてもエヴァのことで頭が一杯の「ながらロボットプログラミング教室」もやってるWEBマーケティングアドバイザーの右高(ミギタカ)です。

今日はエクスマエヴァンジェリスト最終合宿の翌朝行った、すぎちゃんの富士山ビューポイント早朝ツアーについて書きたいと思います。

実は、すぎちゃんは初めてお会いする方だったんですが、ずっとお話したいなって思ってた方。すぎちゃんというのは、伊豆の国市にある酒屋「お酒と食のセレクトショップ」杉山商店の杉山雅一さん。すぎちゃんのブログはこちら。

合宿の後、全員で残った打ち上げの後、明日タクミヨガのタクミと富士山撮りに行くけど一緒に行かない?って誘われたんです。しかも、五龍館のゆかりさんも行くって言うので、二つ返事で行くって言いました。

そして、明朝ドライブスタート。

もう、コースが決まっているらしく次から次へとビューポイントに案内されました。

この時ボクはスゴイな〜って思ったんです。

ボクは20代の頃に山小屋で働いていた時に山ばかり撮っていた時期があって、あちこちに行っては写真を撮っていました。その時は時間との戦い。この場所でこの日差しで撮ろうと思ったらその時間にそこにいないと撮れない。

だからひと言に富士山撮影って言っても、ただそこに行けばいいわけじゃないんですね。

それぞれのポイントの角度、太陽と富士山の光の関係、そして移動時間。

これを絶妙に計算しないと撮れないと思うんです。だって、自然は待ってくれないですからね。

さすが、富士山を撮り続けて写真集まで出したすぎちゃんだなって思いました。

そこで撮った写真はこんな写真です。急だったんでiPhoneで撮ったんだけど、場所がいいんで気持ちよく撮れましたよ。

IMG_1854
最初の撮影地。
IMG_1877
朝焼けがキレイ!
IMG_1901
2ヶ所目!
IMG_1914
3ヶ所目!
IMG_1918
4ヶ所目はみかん畑から!
IMG_2065
5ヶ所目は船が通ってラッキー!
IMG_2019
最後に陽が当たる時間に記念撮影!
IMG_2066
すぎちゃんに撮ってもらえるなんて嬉しすぎる〜

もう、至れり尽くせりの富士山ビューポイントツアーでした!

これから、すぎちゃんは富士山ツアーをやって行きたいって言ってたので、富士山撮りたい方はブログをチェックしてくださいね〜♪

エクスマエヴァンジェリストコース最終講

「ながらロボットプログラミング教室」もやってるWEBマーケッターの右高(ミギタカ)です。

 

6か月続いたエクスマ塾の上位コース、エヴァンジェリストコース16期が終了しました〜!

6か月に渡って人に伝えることを学ぶコース。

最初は周りの方のレベルの高さにこのコースに来たことを後悔しました(笑)
でも、この半年ですごく色々なことを学ばせてもらいました。今は本当に来てよかったって思っています。

ただ、まだまだなんです。
自分の中に伝えたい気持ちが芽生えたから。
この気持ちを育てて行きたいと思います!

そして、最後の皆さんのプレゼンはめっちゃ最高でした。それぞれの人生、それぞれの想い。ひとつひとつがボクの宝物です!

藤村先生をはじめ講師の皆さま、それと15名の同期の皆さんありがとうございました〜!

 

IMG_1848

続きを読む エクスマエヴァンジェリストコース最終講

やりたいことをやらずにいるとどうなるかと言うお話

「ながらロボットプログラミング教室」もやってるWEBマーケッターの右高(ミギタカ)です。

今日は、伊豆長岡に向かっています。
エクスマ塾の上位コース、エヴァンジェリストコースの最終講に参加するためです。

IMG_1805

行きの新幹線はこだまなので、各駅停車です。結構、暖房が効いてるのか喉が渇いてお茶を頻繁に飲んでいました。途中の浜松駅に止まった時に案の定おしっこに行きたくなったんですね。

ただ、荷物があるので行くのを躊躇してたんですね。新幹線は駅に止まってドアが開いた状態。いつでも、盗んで降りられるんです。

そんなことある訳ないだろうって思ってはいるんだけど、損したくないんですねぇ。

駅を出るまで待つことにしました。

でも、なかなか発車しない。

だんだん、ソワソワしてきました。
あれ?なんで発車しないんだろう…

そうです。のぞみの通過待ちなんですね。
そうと気付いたらもう待ちきれなくなって、おしっこに行きました(笑)

もちろん、戻ったらちゃんと荷物はありましたよ。

で、その時にちょっと思ったんですよね。

普段、生活してる中でもこんなことしてるんじゃないかなぁって。

やりたいことがあるのに、これをするとこんなことがあるからやめておこうとか、もしかすると怒られるかもしれないとか。

そんなやってみないと起こるかどうかわからないことに怯えて、モゾモゾしちゃってるんじゃないかなって思いました。

そんな状態じゃ目の前のことに手は付かないですよね。だって、ず〜〜っと気になってるんだもん。

だったら、さっさとやっちゃってスッキリした方がどれだけいいことか。

なんだか、おしっこをガマンしてただけなのに深い気付きを得られました。(笑)

皆さん、おしっこ行きたくなったらサッサと行っちゃいましょうね。

テヘペロ 続きを読む やりたいことをやらずにいるとどうなるかと言うお話

SNSで発信する前にちょっと考えるといいこと。

「ながらロボットプログラミング教室」もやってるWEBマーケッターの右高(ミギタカ)です。

 

ボクは毎日SNSに発信するようにしているのですが、その日によって見てくれている方の反応は様々。

それが目的ではないにせよ、いいね!やコメントが多いと嬉しいです。

昨日、何気にFacebookに投稿した記事が思いの外コメントが多くてちょっと嬉しかった。

IMG_1802

これは、どういうことなのかなぁってちょっと考えて見ました。

SNSでコメントするって、いいね!に比べてワンアクションあるわけです。

なので、興味がなければそのままスルーしてもいいところを忙しい時間を割いてコメントくれている。それってありがたいことだなぁって思う。

そこで、なぜその行動をしてくれるのか考えてみました。

この時のボクの感情は、明宝ハムが好きっていうのと地元岐阜が好きっていう感情。

それを他の県の人にも知ってほしいなって思っていました。

そして、コメントしてくれた方がたも明宝ハムが好きとか岐阜が好きって方が多かった気がするんですよね。

こちらの好きと相手の好きが交わったところに共感が生まれたのかなって思ったわけです。

っていうことは、こちらが好きを発信しなかったら共感も生まれなかったとも言えます。

逆に怒りを発信したら怒りの共感、悲しみの発信をしたら悲しみの共感を得られるってことかも。

それなら、好きなことを発信して共感を得られた方がお互いにいいですよね。

実は、この記事を書く前にちょっとイラっとしたことがあったので、そのことを書こうと一瞬考えたんですけど、少し冷静に考えてやめました。

そんなことを書けばスッキリするかもしれないけど、読んでる人には関係ないもんね。

危うく怒りの押し売りするとこでした。

だから、好きなことをを発信してよかったなぁって思ってます。

SNSを発信する前に一呼吸も大切かもですね〜。

ロボットプログラミング教室

「ながらロボットプログラミング教室」も始めるWEBマーケッターの右高(ミギタカ)です。

今日は最近子どもと取り組んでるロボットプログラミングのことを書きます。

Facebookやインスタに時々アップしてるので、なんかやってるなぁって見てた人もいるかもしれません。

実はこれ自分でロボットプログラミング教室をやり始めたんです。

もともとパソコンで仕事をすることが多いので興味を持って見てたんですけど、そのうち日本でもこども向けプログラミング教室やるようになったのが一昨年くらいです。

ただ、ほとんど東京ばかりで岐阜ではやってなかったから、じゃあ自分でやっちゃおうってなった訳です。

巷では、2020年から小学校でプログラミングが必修化になるって言ってるから流行リ始めてるみたいなんですけど、あんまりそこは重要じゃないかなぁって思っています。

この写真を見て、直感でやりたいって「ボクが思った」(笑)からっていうのが正直なところ。

IMG_1794
歩くロボット、早く作って見たいな!

ウチの子らも食いつくに違いないって思ったら案の定食いつきました。(笑)

これ、やってみると結構奥が深くて決まった答えがないのがいいんです。

今の学校教育だと問題と答えがあるって感じなのが、プログラミングだと問題に対して答えは無限にあるという感じなんです。

最初はどうしてもこれであってる?って聞かれちゃうんだけど、やってくうちにいろんな答えがあるって気づけるんじゃないかと期待してるんです。

それとパソコン上のプログラムと実際ロボットがその通り動くわけじゃないっていうのも面白い。

モーターの回転数が左右違ったり、センサー反応の精度が悪かったりすると当然予想とは違う動きをする。これって、ビジネスにも通じるんだと思うんです。

想定してやって見て、ダメなら修正するっていう思考ですからね。

これって、ボクがやりたいくらいなんだから大人向けの教室をやってもいいくらいだと思います。

思考や発想の訓練になるし、グループで何か作るのも面白いかな。それをSNSにアップしたりとか。楽しそうだな。

子どもたちにもいずれそこまでやらせてあげられると面白いな〜って思ってます。

自分たちで考えて作ったものをグループでプレゼンしたり、SNSやYouTubeで発信する。

そうすることで、将来のビジネスセンスも磨かれるんじゃないかって考えています。

ロボットプログラミング教室には、そんな魅力があると思ってるんですよね。

それでは〜。

ブログやSNSで発信する時の心構え

岐阜のマーケティングアドバイザー右高(ミギタカ)です。

 

今日は、ほぼ一日中もうすぐ最終講を迎えるエクスマ・エヴァンジェリストコースの課題に取り組んでいました。

もう、最後の追い込み。

いつもギリギリにならないとやらないクセを恨みつつもパソコンの前でひたすら自分と向き合う時間です。

でも、一人だとちょっと煮詰まったりしてしまう。

そんな時にメッセンジャーのグループにエヴァの方達が書き込みをしてくれています。

的確なアドバイスだったり、励ましのメッセージだったり。

こんな状況って大人になるとなかなかないなぁって思ったんですよね。

下手すると足の引っ張り合いだったり、いかに出し抜くかなんていう世界もある中で純粋に応援し合うっていいなぁって。

やっぱり、エクスマの藤村先生に集まる人の人柄の良さがそうさせてるのかなって思いました。

大人になって、同じ一つの目標に向かって一生懸命に向き合っているこの時間が後々になって大きな財産になっていくんだろうなって確信があります。

だって、お仕事ってそんなつながりの中から生まれてくるだろうから。

人脈とかいう薄っぺらいものじゃなくて、ちゃんとした人と人のつながり。

エヴァの方達と接しているとこんなボクでも感じられました。

 

そして、昨日再開したこのブログだってそう。

マックスブログ塾の仲間たちがポツポツとブログを始めているのをFacebookやTwitterで見ていると勇気が湧いて来ます。

いろんな思いを想像しながらブログを読んでいるととってもあったかい気持ちになるんですよね。

これって、SNSがあるから実現してるんだろうなって思う。

遠く離れているのにその時の感情や思いが滲み出てくるのがSNSです。

逆にいうとこんなに素敵なものを使わない手はないもの。

でも、それにはそのままの自分を出していかないとなぁって。

変に大きく見せたり、卑屈になっていたらそんな人たちが集まって来ちゃうし、第一それを続けるのが辛いですよね。

飾らないで書く。

ブログもそんな感じで続けていきたいと思います。

よければ、また読みに来てくださいね。

 

ファイル_000 (1)
エヴァのスライドに使う子供の頃の写真。昔はちゃんとあったんです、髪が…(笑)

ボクがまたブログを書きたくなった理由

岐阜のマーケティングアドバイザー右高(ミギタカ)です。

久しぶりのブログです。
前回、いつ書いたのか覚えてないくらい。

でも、また書きたいなって思わせることがあったんですね。
ちょうど、1年前に名古屋で行われたマックスブログ塾に行ったってことをFacebookが教えてくれました。

1年前に行ったマックスブログ塾
1年前に行ったマックスブログ塾

もう、1年経ったのか…
始め書いてたブログも忙しさにかまけてだんだんと間隔が空いていつの間にか書かなくなってしまってました。

ブログあるあるですよね(笑)

また、今年に入って始めようかなって思ってはみたものの、一度やめるとなかなか始めるきっかけがつかめないままズルズルと2月です。

そんな時に来たのが、マックスブログ塾特製Tシャツとお手紙。

IMG_1768 IMG_1780 続きを読む ボクがまたブログを書きたくなった理由