常連さんに愛されるお店のかたち

ボクはコーヒーが大好きです。毎朝のように飲んでいます。

仕事としてネットショップでコーヒー豆を販売していたことも。

先日、その古巣の地元のコーヒー豆専門店「山田珈琲」に行ってきました。

岐阜のマーケティングアドバイザー右高(ミギタカ)です。

 

常連さんに愛されるお店がやってきたこと

このお店のオーナーは、日本で初めてワールドバリスタチャンピオンシップ(コーヒーを淹れる職人の世界大会)の国際審査員になった山田英二さん。

国際審査員になるためには、コーヒーを目隠しして味覚だけで評価することができるくらいの味覚のエキスパートでないといけないんです。

味覚と一口に言っても甘みや酸味、苦味、そして触感や後味などいくつもの項目を明確に分けて評価しています。

例えば、甘さと苦味は舌の中でも違う場所を使って認識しているのですが、舌に目がついてるのかと思うほど。もう、はっきり言って神業です。

そんな山田さんのお店が最近リニューアルしました。


元々この三分の一のお店だったんですが、徐々に広くなって今回テナント3店舗分の広さまでになりました。

このお店のファンになって通うようになってから10年以上経つんですが、その間にどんどん進化して行っているんです。でも、当初から変わらないことがふたつあります。
一つ目は、

最高のコーヒーを追求する姿勢。


そしてもう一つは、

既存のお客さま特に常連さんのことを一番に考えていることです。

 

常連さんに愛されるお店のかたち

一つ目、最高のコーヒーを追求する姿勢については、間近で見ていたからよくわかります。

ただ、素材がいいだけではなく焙煎によって、その良さを最大限に引き出すことをここまでやるかというほど探求しています。

もう一つの常連さんを一番に考えているところもずっとブレてません。

このお店で扱っているスペシャルティーコーヒーは、ワインで言えば高級ワインのようなもの。

なので、その良さはなかなか伝わりにくいと思うんです。

けれど、その価値を一番知っているのが、常連さんなんですね。

何年も通って毎日飲んでいるからこそ、その味の良さをわかっている。

最初はブレンドから始まり、ブラジルやケニアなどの産地の違いを知って、農園の違いまで知っていく。

だから、新規のお客さんは常連さんが連れて来てくれるんです。そして、その価値を伝えてくれるんですね。
なので、お店もニュースレターもネットショップも常連さんのことを一番に考えて作られてるんです。

そうすると店内がこんな風に商品がなくなります。

本当に気に入ったものしか置いていない店内
ちなみにカフェではありません。

なぜかというと、常連さんはいつもと同じかお店のオススメを買ってくれるから。

じゃあ、このコーヒー豆専門店としては大きな空間は何かというとコーヒーの周りのものが置かれるそうです。

よく見てみると奥の背面の棚にありました。実は、オーダーをして取ってもらう形。

常連さんの好みにあったコーヒーを選んでくれる。

じゃあ、なぜこんなに広くなったのかというとコーヒーにまつわる様々なものを置いたりするそう。

もう、コーヒーが美味しいのは当たり前で商品ではなくコーヒーの周りのあらゆるものをオーナーの山田さんが選りすぐって展示したり販売する。

それを聞いただけでまた通うのが楽しみになってきました。

多分、他の常連さんも同じ気持ちなんじゃないかな。

 

そう、このお店で売っているのは、コーヒーによって得られる豊かな生活という体験なんですね。

常連のお客さまのことを一番に考えるとこういう形になるんだと今回のリニューアルしたお店を見て感じたのでした。

お近くに来たら、お連れするので言ってくださいね。(場所も常連じゃないとわかりにくい場所にあったりしますから笑)

店名の看板も小さい

 山田珈琲のサイト
 

それでは〜♪

 

 

 

顧客満足とリピートは比例しないって実感したこと

昨日は、初めて小学校のPTAの会合に出席して50人以上のお母さん(お父さんは二人だった)に圧倒されて帰ってきた岐阜のマーケティングアドバイザー右高(ミギタカ)です。

 

人々の消費行動が変わってきている

この数年、amazonをはじめネットで買い物をすることが多くなったボクです。

結構大きなものも買います。例えば、洗濯機。

え?そんなもの見ないで買えるの?って思われるかもしれませんが、洗濯機ってお店で見てもよくわからないんですよね。だから、お友達が良かったよって言ってた洗濯機にしたんです。

本当は、ウチのことをよく知っている近所の電気屋さんがあればいいのだけど、そんなお店は特にないし…

結局、ネットでポチッとしちゃいました。ちゃんと洗濯場まで運んで設置してくれましたよ。普通に電気屋さんに頼んだのとそんなに変わらないくらい。

商品は口コミで知って、ネットで買う。特に大きい家電なんかは運ばないといけないからそっちの方が楽かもしれないんですよね。

どんどんお客さんの消費行動が変化していってるってことです。

 

顧客満足とリピートは比例しないって実感したこと

ただ、最近ネットで手軽に買ったゆえの問題もありました。

それがこれ。

カリモク60のオットマン 手前がもりあがってる(´Д` )

 

普通に座って使っていたんですが、偏りすぎたのか中のクッションがはみ出たようなんです。

このカリモク60という家具は確か3年保証がついてたので、まだ大丈夫そうだなって思ったんですけど、探しても保証書が見つからなかった。

メーカーに連絡したら購入日がわかればいいとのこと。

ただね、3年前だから購入したお店を覚えてないんですね。ネットで検索して割と上位の誠実そうなところで買ったのは覚えてるんだけど、これだったか、あれだったか…

しょうがないので、上から1件ずつ電話して聞くことにしました。

電話して思ったのは、電話対応の良さ。さすが、上位に来ているだけあってしっかりと対応してくれます。あと、ネットだと購入履歴がはっきりしている。

で、運良く2件目で買ったお店に行き着きました。

そして、無事無償で修理完了。めっちゃ満足です。

 

バッチリ直ってきました〜

 

忘れられないようにすることの難しさ

それでね。今回の事で思ったのはお店を覚えていてもらう難しさです。

だって、お店の対応も満足だし、なんなら又利用したいと思うのに忘れちゃうんです。

しかも、多分このネットショップも忘れられないようにメールを出したのかもしれない。

でも、今そういうメールは買えば買うほどたくさん来るので、それ用にフォルダを分けて普段は見ないんですよね。だから、接点を持ち続けられなかった。そして、忘れられちゃうという…難しい時代ですね。

藤村先生がよく言っている、顧客満足とリピートは比例しないっていうのを改めて実感したってわけです。

そういう意味では、今amazonがやっているプライムサービスは、ビデオや音楽を無料でサービスして顧客との接点を持ち続けてるので忘れないし、使い続けることでなくてはならない存在になってるんですね。恐るべしamazon!

これから、あらゆるサービスがネットと繋がってスマホなどのモバイル機器に集約されてしまうと考えるといかにその小さな画面の中で存在感を持つのかっていうのが重要になってくると思うんです。

今の所、ボクの中ではamazonよりもSNSの方が重要度が高いので、そこで忘れられないように発信して、買いたいと思ってもらえるようなことをしていかないとこれからドンドン埋もれていってしまうんだなぁっていうことを今回の一件で思い知らされました。

最近、花粉症や子供の小学校入学やらで発信を怠けていたので、忘れられないように発信していかないとね^_^;

それでは〜♪

発信に迷いが出た時、自然を見て思い出したいこと

昨日は、穏やかな土曜日でした。

我が家のジュンベリーも花が満開です。

とっても気持ちがいい天気。

もう春が来たんだなぁって思う。

岐阜のマーケティングアドバイザー右高(ミギタカ)です。

 

昨日、インスタグラムに投稿した写真

このジュンベリーの花を眺めていたら、エクスマの藤村先生の言葉を思い出しました。


雨が降ったら、傘をさせばいい。

 

夜明けをみたかったら東を向かなければならない。

 

藤村先生は、真理について色々と教えてくださいます。

目の前で花を咲かせているジュンベリーも真理で生きているんだなぁって思ったんです。

4月になったから花が咲いた訳ではないと思う。


ただ、暖かくなったから花を咲かせたのだ。

 

周りの自然環境に合わせてジュンベリーらしく花を咲かせているんだと思ったんですね。。

逆に3月でも暖かければ、花を咲かせていたのだと思います。

そのとき、ビジネスについても真理を当てはめて考えるといいのかなぁって思ったんですね。

 

例えば、集客できるから、儲かるからブログを書く訳ではない。

伝えたいことがあるからブログを書く。

 

いいね!が欲しいから、売り上げが上がるからFacebookを投稿するのではない。

目の前の人に喜んでもらいたい、楽しんでもらいたいから投稿する。

そんなことを思いました。

いろいろと勉強していると途中で目的が分からなくなってしまったりすることもあると思うんです。

でも、時々立ち止まってなぜ今これをおやっているのかっていうのを思い出してみるのもいいかもしれない。


その時の環境に合わせて


その人らしさで


そのまま発信する。


大きく見せることもなく、ただそのままに。



そうすれば、ジュンベリーのようにそのままの価値が伝わるんだろうなぁって思うんです。

それぞれの人がそのままで価値があるってそう言うことなんだなぁって思いました。

ジュンベリーの白い花が、朝日を浴びて浮かび上がった時に思ったのはそんなことでした。

 

そして、

 

 

 

 

 

 

ボクも朝日を浴びると浮かび上がります!!!

 

それでは〜♪

10年のプロセスがSNSのおかげで半年くらいになってる衝撃の事実

岐阜のマーケティングアドバイザーの右高(ミギタカ)です。
今日は、午後から双子の息子たちの小学校の入学式でした。

息子の寝グセもヤル気満々でした(笑)

 

今の子どもは、生まれた時からインターネットが当たり前になっています。

iPadでドラゴンボールのキャラクターを画像検索なんかを勝手にやっているんですよ。

  
そんな子どもたちがこれから小学校に上がるんだから、これからの世の中どうなっていくんだろうって思うとワクワクしますよね。

 

エクスマ塾の見つけ方に驚いた

先日、行ってきたエクスマセミナーでも驚いたことがありました。

たまたま隣の席に座った女性。

5月から始まるエクスマ塾に行くと言っていたので、なんで行こうと思ったのか聞いてみたんです。

そしたら、フジテレビのパイセンTVを見て短パン社長を知り、ツイッターでエクスマを発信してる人をフォローして塾のことを知って、直感で申し込んだという!

で、もう塾に入る前からFacebookで参加者の半分の人とつながっているんだとか。

 

ボクがエクスマ塾を卒業したのが去年の秋なんですけど、塾生でツィッターをやっている人はボクも含めてほとんどいませんでした。

Facebookも2、3人とつながっていただけ。

でも、それから半年しか経ってないのにSNSを使ってるのが前提になってきているってこと。

SNSでつながっていれば、もうそれ自体が教材のようになってしまうので、勝手に上達していくのかもしれません。

ボクらの時も半年前と違うよって聞いていたので、今年のエクスマ塾も違うんだと思います。

 

10年のプロセスがSNSのおかげで半年くらいになってる

これには、ボクはちょっと衝撃でした。

ボクなんか10年前に初めて藤村先生の本を読んで勉強して、おととしやっと藤村先生のFacebookをフォローして塾の存在を知ったと思ったら休止中だったんです。

で、やっと去年塾に入った。

それが10年のプロセスがSNSのおかげで半年くらいになってるんですよ。

ビジネス環境が激変してるっていうのをまざまざと見せられた気がしました。

なんだか、ボヤボヤしてられんなぁって思いです。

これからもっとSNSで発信して影響力を持てるようになりたいと思った出来事でした。

 

そういえば、ちょうど今は北陸でエクスマ塾が初開催されています。

また、どんな塾生が輩出されるのか楽しみです。

 

それでは〜♪

 

 

 

これからのビジネスに必要なのはインプロビゼーション

岐阜のマーケティングアドバイザー 右高(ミギタカ)です。

 

昨日は、東海のエクスマ塾生の勉強会「スコットセミナー」に行ってきました。

スコットというのは、藤村先生のニックネーム。

アメリカの小説家「スコット・フィッツジェラルド」と映画監督の「リドリー・スコット」が好きだったからだそうです。

こういうちょっとしたことまで聞けるのが、塾生主催の勉強会のいいところだなって思う。

 

Jazzに名曲はない。名演奏があるだけだ。

今回は藤村先生の好きなJazzに絡めて話が進みました。ボクもJazzは好きなので嬉しかったですよ。

「Jazzに名曲はない。名演奏があるだけだ。」と言われるそう。

その演奏はその場で紡ぎ出されるインプロビゼーション(即興演奏)で行われるので、

2度と同じ演奏はないということです。

それが「Jazzに名曲はない。名演奏があるだけだ。」と言われる所以だとか。

藤村先生が大学の頃、先輩の部屋で見つけたレコードに同じ曲が3曲も入っていたので、

その先輩に聞いて帰ってきたのが、先ほどの名言だったということなんですね。

 

そして、これからのビジネスにもこのインプロビゼーションが必要になってくるそうです。

その重要な要素として個人のパワーが増大していることがあげられるんです。

 

これは、セミナーをレポートしたボクのツィッターのつぶやきです。 

いいねが多かったので、実感する方も多かったのかもしれませんね。   

そして 、そのパワーを持った個人はデータやロジックではなく、直感の方がうまくいくのだそうです。 

これだけ、ビジネス環境が激変しているんですから、過去の蓄積であるデータを見て判断していてはもう遅いということなんです。

 

 

このつぶやきが一番いいねが多かった。

好きか嫌いかを直感で選んだ方がスピードが速いし、何しろ楽しいですよね。

楽しい方が判断に迷いがない分、本当に速く決断できるんだと思います。

そして、SNSがさらに加速させてくれるんです。

今まさに、個人にチャンスが来ているんだと思います。

 

常に前を向いて後は、行動するだけ!

1950年代、新しいジャズの形を作ったマイルス・デイビス。

 

マイルス・デイビスは、それまでのJazzではないクールなJazzを創造していったそうです。
 

クールかそうではないか、直感で音楽を作っていったと思うとワクワクしてきます。 

常に前を向いて後は、行動するだけですよ。  

 
 

ともかくやってみよう!ダメだったら、変えればいいんだから

そうそう、この日藤村先生がJazzの入門として聞いた方がいいよっていうCDを紹介してくださったんですが、なんとこのCDに藤村先生のサインをしてプレゼントしてくれたんです。

 もちろん、全員が欲しいのでジャンケン大会になりました。 

 そして、     

 

 

 

ここは、ちょっと本気出させていただきました。(笑)

このBLUE NOTEのジャケットもかっこいいんですよねぇ。

 

最後に藤村先生のオススメのアルバムを紹介します。

 

【スコットジャズ入門編】
スコットセレクト今日のアルバムたち(演奏順)
1:ビル・エバンス「ワルツ・フォー・デヴィー」
2:マイルス・デイヴィス「カインド・オブ・ブルー」
3:ジョン・コルトレーン「バラード」
4:ソニー・クラーク「クールストラッティン」
5:バド・パウエル「シーン・チェンジス」

これはボクでも全部持っていたほどの名盤中の名盤ですので、マジでオススメですよ。

ぜひ、聞いてみてくださいね〜

 

それでは〜♪

あなたのFacebookの友達は大丈夫ですか?

岐阜のマーケティングアドバイザー

右高(ミギタカ)です。

先日行った名古屋のWordPressセミナー。

セミナーの中身もいいんですが、その後の懇親会もざっくばらんに話ができるので気づきが多いんですよね。

今日はその中で気付いたことを書きたいと思います。

懇親会でお話しをしていてお店のA看板の話になったんですが、あるブログが良かったよねぇってそこにいた全員が納得したんです。

VMDコンサルタントの藤井雅範さんのブログ

※VMDとは、ビジュアルマーチャンダイジングの略。例えば、百貨店の商品陳列など。

で、その場にいた3人は普段大阪、名古屋、岐阜と別の所に住んでいるのですが、同じブログを読んでたんですよ。

しかも、それぞれ違うFacebook のルートで。

僕の場合はコレ

エクスマの大先輩まちゃさんのシェアで知った

他のお二人も誰かの「いいね!」で見たとか別のルートで見たそうです。

テレビで言えばそのブログはその場では視聴率100%。

これは、その場の全員がエクスマ塾生だったからだと思うんです。

一見当たり前のように思えますけど、そのエクスマのコミュニティでは当たり前であっても、そこから一歩出ると誰も知らないってことも普通にあり得ますよね。

と言うことは、繋がっている人によってその人に入ってくる情報はまったく別物ってことなんです。

片や当たり前で、片や何も知らない。

ちょっと恐ろしいなぁって思ったんです。

だって、つながるひとを間違えたら目の前に入ってくる情報がまったく違うかも知れないんです。

例えば、

遊びのような仕事、仕事のようなの遊びって言ってるコミュニティと

仕事は苦労して努力して戦略を駆使してやるもんだと言うコミュニティ

どちらとつながるかでその後の人生が変わるってこともあるかも知れない。

何を大げさなと思われるかも知れないですけど、入ってくる情報がその人の思考にも大きく影響すると思うんですね。

そうすると、思考から行動が変わり、行動からその後の人生も変わるかも知れない。

誰とつながるかがその人の人生に大きな影響を与えると思いませんか?

幸い今ボクがつながってるお友達はいい方ばかりでめっちゃ良かったです♪

ちょっと、Facebookの友達を見直してみるといいかも知れませんよ。




あ、ボクは残して置いてくださいね〜( ̄▽ ̄)

それでは〜♪