日本の売り場のクオリティーとそこに潜む問題

水、水、水…

あ、いや、すみません。こちらの話です。

岐阜のマーケティングアドバイザー

右高(ミギタカ)です。

 

さてボクは、ちょっとグアムに行ってきました〜!

天気が崩れるという予報だったけれど、ちょうどいい天気になった。ラッキー♪

プールサイドでのんびりしたり、ショッピングモールで買い物したりと過ごしています。

グアムのショッピングモール

そのショッピングモールで買い物をしていたんですが、日本にそこで思ったのは日本ってすごいなってこと。

だって、ディスプレイや店内の作りが全然違うんです。

こちらのお店は、ちょっと一昔前の日本の田舎のショッピングモールっていう感じ。

 

トイザらス、ちゃっちい〜〜!
日本のショッピングモールはと言うと洗練されていてどこに行っても安定のクオリティ。

もう世界一の売り場なんじゃないかと思ってしまうくらいです。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

そんな素敵な売り場があるのに日本ではモノって売れてませんよね。

世界一商売上手な華僑の言葉に「砂漠で水を売る」という言葉があるそうです。

モノを売るなら、それを欲しがっているところに行って売れっていうことだと思うんですね。

それを蛇口を捻れば綺麗な水が出るところで売っても売れないっていうこと。

それと同じように今の日本ではモノが溢れてしまっていて、いくら世界一の売り場があろうが売れないよってことなんですよね。

ボクもショッピングモールに行って、買わずに帰ることも多い。

 

あんなにモノがたくさん売っているのに。

 

もう、企業やお店が今まで売れていたからと言って欲しいひとがあまりいないのにそれに気付いてないだけなのかもしれませんよね。

例えば、ボクは最近テレビをほとんど観なくなってしまった。

それは、SNSやネットショッピングに時間をより多く割いているからです。

なので、あまり観ないテレビのために4Kテレビにしたいって思わないんですよね。

他にも新聞や雑誌も買わなくなった。

その時間は電子書籍に当てていたり。

今は、amazonプライムの会員になったら、映画や音楽が無料だったりして、レンタルショップも行かなくなるかも。

なのに、今まで売れたからこれからも売れるはずって思い込んでいるだけなのかもしれませんよね。

そして、もうひとつ感心したのが日本のネット環境。

今でこそ海外でも簡単にWifiにつながって、どこでも仕事ができる時代ですが、通信速度は圧倒的に日本の方がいい。

インフラがめっちゃ進歩してる中で消費行動も変わって来るはず。

今お客さんが本当に欲しいものって実は他にあるんじゃないだろうか?ってことに疑問を持って常に考えていないとどんどん置いて行かれてしまうんじゃないかなぁって思うんですよね。

ショッピングモールでお土産ものを探していて思ったのは、そんなことです。

 

 

 

 

 

 

 

っていうことで気に入ったお土産全然なかったんで、

帰ってからお会いした方には…

 

お土産話でお願いします!!!

 

お伝えしたいことは以上です!

(ちょっとは買ったけどね♪)

 

それでは〜♪

マックスブログ塾in名古屋

インフルエンザめっちゃ流行ってますね〜

みなさん気をつけてくださいねぇ!

岐阜のマーケティングアドバイザー

右高(ミギタカ)です。

 

マックスブログ塾in名古屋

昨日は、マックスブログ塾in名古屋に行ってきました。

マックスとは大阪のクリーニング屋さんの社長カベシタさんのニックネームのこと。

 

ソーシャルメディアの暴君!

 

ボクが学んだエクスマ塾のサポート講師だった方です。

この方、「ソーシャルメディアの暴君」という異名を持つコミュニケーションの達人。

天才的な力加減で相手をdisったりするのに人気者という…

 

今の時代、ブログの書き方なんてググればいくらでも出てきます。

でも、それをやっても人気がある人とない人が存在する。

その雲をつかむようなことをこの人なら何か得られるんじゃないかって思っての参加でした。ん?いや、そんなこと思って申し込んでないや。

ただブログ塾が名古屋でやるって知って、即行きたいって申し込んだだけでした(笑)

でも、それがよかった。

だって、講師陣がすごいんだもん。

ソーシャルメディアの闘将!? リサイクルショップを株式上場までさせて現在は経営代表取締役無職というの坪井さん。

 

本人も初めて知ったソーシャルメディアの闘将という称号

リピート率85%の旅館宝生亭を経営する帽子山さん。
この3人がセミナー会場を囲むようにそれぞれ立ち、SNSに対する考えを言いたい放題率直に語っている様はSNSの今後のあり方を創造していく討論会を見学しているかのようでした。

壁下さんと帽子山さんの天才的な感覚で捉えるソーシャルメディアを坪井さんがこれまた天才的な分析力で論理立てて解説するということが目の前で即興のJAZZのように繰り広げられる。

って言っても、そんな難しいことは言ってないんですよ。逆に爆笑に次ぐ爆笑。

ここでは書けないようなことが連発されて小心者のボクには怖くて書けません(笑)

それくらい面白いセミナーでした。

 

あ、ひとつだけはっきりと書けることがありました。

それは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マザーズランチのお弁当は超絶美味しいです!!!

 

  
体に良さそうな食材がふんだんに使われていて、毎日でも食べれそうなお弁当でした〜

次回も楽しみだな〜お弁当!マザーズランチ

 

それでは〜♪

あなたの好きなことを発信する前に

岐阜のマーケティングアドバイザー
右高(ミギタカ)です。

先日、大阪までエクスマ新春セミナーに行ってきました。
今まで何どもエクスマセミナーには参加してきましたが、この年初のセミナーは特別です。

それは、藤村先生の今年のテーマを聞けるから。
物凄い勢いで変わるビジネスの環境の中で羅針盤としてどうしても参加したかったんです。

まずは、新春セミナーのブログの中で書かれている文章をちょっと引用。

企業の経営者はもちろん、店舗のオーナー、個人事業主、士業、起業する人、もっといえばビジネスに携わっている人は皆、メディアになることが、これからの時代に必須なんじゃないかと思う。
今の時代は、個人・法人を問わず、誰もがメディアになる時代です。

誰もがメディアになり、情報発信コストが安くなり、カンタンになっている時代、ただ役立つ情報を発信するという行為だけでは、ほとんど価値がありません。
ノウハウやスキルは、Googleで調べればわかることだから。

 

自分の好きなことってわかりますか?

スマホが普及して文字通り誰もがメディアになれる時代なんですよね。
カンタンに情報を発信できる環境になってきている。

でも、それだからこそ自分らしさをいかに表現するかが大事になってきていると思うんです。
そして、その自分らしさというのが自分の好きな事を発信すると言うこと。

ただ、先日もお客さんとお話ししてても出てきたことなんですが、自分の好きなことって中々わからないんです。
ボクも本当に自分が好きなものって言い切れるのかっていうのが怪しい。

その点、今回のセミナー講師を務められた方々はそれがはっきりしている。
藤村先生をはじめ、大河ドラマが好きな税理士の山本やすぞうさん、ファッションを通して人を喜ばせることが大好きな短パン社長こと奥ノ谷圭祐さん。
全員、好きなことがはっきりしてるんですよね。

山本やすぞうさんは、大河ドラマを子供の頃から毎年ずっと観てきて大好きになった。それを発信して今では有識者と呼ばれたりするくらいになっている。

短パン社長は、昔から人を喜ばせるのが大好きでそれの延長線上でFacebookでコミュニティーを作って服を通して人を喜ばせている。

でも、例えば音楽が好きとかグルメが好きとか言っても本当に自分軸で好きなのかっていうのが確信持てなかったりするんです。実際のところ、ボクもそう。

そこでそれを確信に変えるのが、直感だったり感性と言われるものなんだと思うんです。

頭で考えた好きなことって、本当にそうなの?って思ってみてもいいかも知れない。

そこに見栄や損得勘定がある場合、実はこれがやりたかったって言うのが隠れてしまってることがある。

その隠れてしまっている直感や感性を育てるのが、「文化芸術」なんだと思うんです。

音楽や小説、絵画は、そんな頭で考えていることを飛び越えてストレートに心に訴えるものがあるから、気付きと言う形で直感や感性を呼び覚ますのだと思う。

だから、今年はもっと小説や音楽、映画そして絵画など観て感じる力を磨きたいなって思いました。

藤村先生が言っていた目に見えないことに関心を持つと言うこと。
それが自分の心を見つめることになり、本当の意味での自分が好きなことがはっきりしてくるんじゃないかなぁ。

 

セミナー最初のシーンは、本当にカッコよかった!
 
 

それでは〜♪

子どもたちにやってることをお客さんにもやってみよう

岐阜のマーケティングアドバイザー

右高(ミギタカ)です。

今日はクリスマス!

今朝は何時もよりちょっとだけ早起きしました〜♪

なぜかと言うと…

サンタさんのプレゼント!

子どもたちを起こしたら、いつもは起きてこないのに今日だけは一目散!

早朝6時にも関わらずお店を広げる人たち(笑)

こんな光景が全世界で繰り広げられているかと思うと嬉しい気分になりますね。

大のおとながいかに子どもの夢を壊さないように頑張ってるんです。

お膳立てをして、時には演出してなりきったり。

でも、なぜそれをするかって言ったら、子供が喜ぶ顔を見たいからですよね~

これってビジネスでも同じなのかも。

目の前のお客さんに喜んでもらおうって考えたら、同じように成り切ってやったり工夫するとより伝わるし喜んでもらえると思うんですね。

しかも、それってやってる方もめっちゃ楽しい。

それがお客さんを巻き込んで楽しむってことなのかなぁって、喜ぶ子どもたちを見ながら思うのでした〜

それでは〜♪

人に伝えるってテクニックじゃなくてやっぱり気持ちが大事

岐阜のマーケティングアドバイザー

右高(ミギタカ)です。

 

先日、ボクの年長の息子の発表会があったので行ってきました。

今どきの感じで主人公が何人もいるやつです。(笑)

 

オオカミを退治する猟師の役 3人(笑)の内の1人

 

保育園最後とあって、とっても上手にできていました。(はい、親ばかです^_^;)

この保育園は会場の関係で、両親と祖父母は別々の日に参観する仕組みなので、今度はおばあちゃんに元気よく見せてあげてねって長男に言ったんですね。

そしたら、長男の顔色が変わりました。

あれ?おばあちゃん、耳が聞こえないからどうしよう!?

せっかく来てもわからないよって言い出したんです。

確かに聞こえないもんね。手話もまだちょっとしかできないし。

そこで、シナリオを紙に書いてあげようっていうことになりました。

でも、あと1日しかないし、自分のところだけ書こうよって提案したんですけど、全員のセリフも書くって言い出したんです。

それから、二人でセリフを最初から思い出しながら書き始めました。

もう小さい頭もフル回転です。

 

あいうえおの見本を見ながら書きました〜

 

結局、最後までは書けなかったんだけど、こんな小さな子でも「伝えたい!」っていう気持ちがあるとこんなにも頑張れるんだなぁって見てたんですね。

ボクだったら、もうちょっと楽な方法を考えちゃう。

でも、人に伝わるって伝えたいって気持ちが大事なんですよね。そのためには手間も惜しまない。

それがあれば、上手く書けなくてもいいのかもしれないなって思ったんです。

そして、じいじとばあばに見せるととっても喜んでくれました。

この歳でそんなところに気がまわるなんてすごいって。

こんなに小さいのに耳が聴こえない人の気持ちがわかってるって。

あなた(ボクのこと)が小さかった時よりもとても素晴らしいわって感動していました。

それを聞いて、子どもって勝手に育つんだなぁって思いました。

こんな親で特に何をしたわけでもないのに、そういう想いと行動ができるなんて尊敬しちゃうな。マジで。

でも、改めて思ったのは人に何かを「伝える」ってやっぱり気持ちが大事なんだなってこと。

上手に書けなくても、全部できてなくても、気持ちさえあれば伝わるんですね。

あとで担任の先生が言ってました。

今まで練習してきたよりも一番良かったですよって。

なんか子育てって子どもから学びながら成長するんだなって思いました。

 

 

それでは〜♪

映画「エール!」を観て思ったこと

岐阜のマーケティングアドバイザー

右高(ミギタカ)です。

 

映画「エール!」を観ました。

先日、両親と久しぶりに映画を観に行きました。

多分、小学生以来だから35年ぶりかな?

フランス映画の「エール!」と言う作品。

この映画は、主人公の女の子以外家族全員耳が聴こえないという舞台設定。

まずは、予告編を観た方がわかりやすいね。どうぞ。

 

「エール!」公式サイト

 

前にブログにも書いたんだけど、ボクの両親も耳が聴こえないんですね。

なので、どうしても両親と観たいなって思ったんです。

 

この映画の最初のシーンでボクは引き込まれました。

何の変哲もない家族のシーンなんですけど、ひとつひとつの動作音が大きいんです。

お皿を洗う音だったり、物を置く音だったりがちょっとずつ大きい。

耳が聴こえない人は、自分の出す音が聴こえないからどうしても大きくなってしまうんですね。

ちょっとしたことが、めっちゃリアルに感じさせてくれるんです。

そして、これに出ている俳優さんもめっちゃ手話が上手い!(フランス語なんだけど、似たような手話が多くて驚き!)

なので、自然に物語に入り込めたんですね。

 

物語の中で主人公のポーラが自分のしたいことと家族の耳の代わり(通訳や電話連絡)との両立でイライラしたりしてるところにボクは共感したりするんですけど、ポーラが自分のしたいことができない腹いせに通訳をぞんざいにした時の両親と衝突するシーンには心にグサリと来ました。(ここの記事とシンクロしてる!)

 

そしてね、母親がポーラを産んだ時の気持ちを彼女に訴えてたシーンになったんです。

不安だったり、子育ての思いとかを涙ながらに訴えてるんです。

もう、その時のボクの感情も蘇りました。号泣。

そして、同時にボクが産まれたときの両親の気持ちがオーバーラップしてきたんです。

まだ20代だった両親がボクを産んで育てるって、どんな気持ちなんだろうって。

例えば、産まれて来た自分の赤ちゃんの声が聴こえないんです。

 

もし、何かあって泣いているのに気づかなかったら。

もし、うまく言葉を教えられなかったら。

 

ただでさえ、大変な子育てなのに耳が聴こえない自分たちに育てられるのか不安でしかたがなかったんじゃなかったかって。

今、自分が子育ての真っ最中だから、余計にそう思うんです。ヤバい、又泣けてきた。

もう、本当にリアル。

 

別のシーンでは、学校の歌の発表会でポーラが歌うところがあるんですけど、途中ですべての音が無くなるんです。ポーラの家族がどう感じるかが描かれてる。

 

我が子が歌う表情、他の観客が感動してる表情。

 

自分たちだけ聴こえないっていう孤独感、子供が賞賛されている嬉しさ、その複雑な感情を体験させてくれるんです。

 

そして、クライマックス。(ここは映画を観てね)

本当に感動しました。母も思いっきり泣いていました。

 

何を伝えたいのか。どんな方法だったら伝わるのか。

映画って本当にすごいって思いました。

心の中を表現できるんです。そして、それを支えてるのが細部までこだわったリアルなんですね。

エクスマの藤村先生が言っていました。藤村先生のブログ

 

もともとちがう人間同士が、分かり合える手段が芸術なんだって。

 

映画もそんな芸術のひとつなんだって感じさせてくれたんです。

ビジネスでSNSを活用していく時もこの映画のようにリアルさが必要になってくるんだと思います。

 

何を伝えたいのか。どんな方法だったら伝わるのか。

 

そんなことを映画から学びました。

 

そういえば、映画のあと、両親と食事をしたんですけど今までの素直な気持ちを話せたんですね。あの時はこう思ったとか、これはこう思ってるなんて。

すごくいい時間を過ごせました。

こんな時間を持てたのも、この映画をFacebookで教えてくれたイッシーさんのおかげです。

イッシーさん、ありがとう〜!

 

映画って本当にいいもんですね〜

 

それでは〜♫

 

 

スペックではなくストーリーや想いで即決買いをしたモノ

こんにちは!
岐阜のマーケティングアドバイザー
右高(ミギタカ)です。

初めてのお店は敷居が高い

先日、久しぶりにメガネ屋さんに行ってきました。
ボクのメガネ歴は10歳の頃からだからもう35年。それにかなりの近視です。
なので、結構メガネにはこだわりがあるんですが、ここ数年は割とおしゃれで格安のメガネ店があちこちにできたので利用してきたんです。
ただ、正直それなりです。なので、すぐ飽きちゃう。

で、久々にちゃんとしたメガネ屋さんに行くことにしました。

 

普段使うためには、メンテナンスも必要なので地元岐阜のメガネ屋さんを探すことにしたんですね。
でも、初めてのお店ってちょっと敷居が高いです。路面店だとなおさらです。
この心境って、新しい土地で美容室を探すのと同じ心境かも。
美容室ってちょっと冷やかしで入って確認することってできないですよね。
入る時には、体張ってやってもらわないといいかどうかわからない。
だから、何か情報を得たいとホームページを見たり、友達に聞いたりして決めるんだと思います。

 

メガネ屋さんも同じ理由で敷居が高いと思うんですね。
だけど、中々ネットで発信しているところは少ないです。
なので、ホームページやブログで面白そうなフレームのことを発信しているメガネ屋さんに行くことにしました。

 

IMG_1302
岐阜の眼鏡店「ベロ オッティカ」

 

IMG_1239
白い壁のシンプルな内装です。

 

なんか、面白そうなフレームがたくさんあって調子に乗っていろいろ掛けてみました。

 

aillis201511171826797

 

あれ?ここ笑うところじゃないですよ。近視で見えないから自撮りで確認したんです。
確かに後ろでお店のオーナーは笑ってましたけどね。

で、ちょっと決められないのでオーナーの一番のオススメにしてみました。

 

d6d00704-s
FACTORY900さんのサイトより

スペックではなく、ストーリーや想いで即決買い

レトロフューチャーっていうコンセプトのレトロを新しく解釈したフレームです。
このメーカーは、メガネ界のアカデミー賞と言われるシルモドールという賞も受賞しているんです。

でも、このフレームの決め手は、オーナーが言った一言。

 

このFACTORY900っていうメーカーは、ワクワクするフレームを作らせたら世界一だって思ってるんです。

 

そう言って大切そうにメガネを扱っていました。
本当にメガネが好きなんだなぁっていうのが伝わってきたんですね。
だから、もうこの人から買いたいなって一発で思いました。

もちろん、賞を獲ったこともスゴいなぁって思うんですが、それよりもメガネが大好きな人たちが楽しんで作ったメガネを掛ければ、楽しそうだなぁって単純に思ったんです。

これ、メガネとしては安くない買い物だったんですが、逆にそれだからこそスペックじゃなくてストーリーや想いっていう体験で買ったんですよね。

そんなことを改めて感じたお買い物でした。

 

 

IMG_1309
似合ってますか〜? だから、笑うところじゃないですから!!

 

それでは〜♪