誰でも、ひとりヴィレヴァンができるかも!?

昨日、エクスマの藤村先生はヴィレッジヴァンガードの業績不振の記事をブログに書かれていました。そのブログはこちら

それを読んだら、あっという間に25年くらい前に記憶が戻ってしまいました。

岐阜のマーケティングアドバイザー右高(ミギタカ)です。

 

丸ごと自分の部屋にしたくなるお店

学生だった頃に実家が名古屋市名東区にあったんですが、近くに倉庫を改装した見慣れないお店ができたんです。

1
これは本店。PAPA店もこんな感じでした。今はもう閉店しちゃいました。

東洋経済の記事より

 

ヴィレッジヴァンガードPAPA店というお店。今は何百店舗もあるヴィレヴァンの5号店です。

当時、そのお店に入った時の衝撃は今でも忘れられません。

三角屋根の倉庫にアメ車が置いてあって本から雑貨からCDからおもちゃ箱をひっくり返したようなお店でした。倉庫には2階があって昇ってみると中古の外国製の扇風機やら訳のわからないものまで置いてあった。お店の中を探検してるかのよう。

そこで見つけたのが、村上春樹の本でした。最初に読んだのは、羊をめぐる冒険だったかな?

この本が面白くて村上春樹の本を何冊か買った後、気になったのが村上春樹が好きだった作家の本。

そうすると村上春樹のコーナーにスコット・フィッツジェラルド(藤村先生のニックネームスコットの元になった人)やトルーマン・カポーティ、レイモンド・カーヴァーといったアメリカに小説家の作品が並んでるんです。すかさず、そこでも何冊も買いました。

次に村上春樹の本にやたら出てくるJAZZにも興味が湧くとCDコーナーにはJAZZばっかり置いてある。ここでもボクはもちろん買いまくります(笑)

その次には外車関連の本が欲しくなったり、どんどん欲しいものが繋がってくんです。

しまいには、このお店を丸ごと自分の部屋にしたい!って叫びたいくらいになりました。

もう最終的にそこでどれだけ買い物したかわかりません(笑)

 

お店を作った人の頭の中に価値がある

でもね、何年か後に名古屋から離れてあちこちで見かけるようになったヴィレヴァンではあんまり買わなかったんですね。

なんかピンとこないっていうか、あのPAPA店ほどのワクワクはなくなってたんです。

今、思うとそのお店の店長とボクの趣味が合わなくなってたんですね。

で、思ったんです。このPAPA店って創業者の菊池さんの趣味がまるまる反映されたお店だったのかなって。

元々、菊池さんが「自分が客だったら」っていう視点で作ったのがヴィレッジヴァンガード。

5号店は、かなり菊池さんの色が強いお店だったんじゃないのかなって思うんです。

菊池さん一人の頭の中がそのままお店になったと思うんですよね。

そして、たまたまボクががっちりハマってしまったという。

菊池さんの好みがボクにとっての価値だったんだな。ボクは菊池さんのファンだったってことだと思うんです。だから、そのお店のものは何でも欲しかった。

でも、今はヴィレヴァンに行ってもその頭の中のつながりが感じられないんです。

ぶちぶちにちぎれちゃった感じというのか、同じような品揃えなんだけど繋がって見えないんです。

それって形だけ真似したんじゃないのって感じ。

もしかしたら、どこか人気の店舗はそこの名物店長の頭の中が繋がっていて、それはそれで面白いお店がまだあるのかもしれない。とっても個性的なお店がね。

でも、他の大半のお店はその品揃えだけコピーしたのかもしれないなって思うんです。

あの人気のお店の品揃えと同じにすれば売れるはずだってね。

そんなことを思わずにはいられないんです。

なんとか、また面白いヴィレヴァンができないかな〜。好きなお店だけに期待してます。

誰でも、ひとりヴィレヴァンができるかも!?

で、ちょっと思ったんですけど、その頭の中が繋がっていてそれが価値になるって今ボクたちにもできるんじゃないのかなって。

SNSで個を発信するって、それだけで価値があるんじゃないのかなって思うんです。

それぞれの人の趣味が他の人の価値になるってことがあって、SNSで発信してるとどんどん近い関係性の人が集まってきちゃう。

菊池さんの頭の中の価値がボクにヒットしたように。

ひとりヴィレヴァンが SNSによってできるんじゃないかなって思うんですよね。

もっともっとあなたが自分の好きなことや興味があることが価値があるって思って発信し出すと楽しくなると思いませんか?

 

藤村先生のブログを読んで、思ったのはそんなことです。


The following two tabs change content below.
右高英一

右高英一

岐阜の小学生向けロボットプログラミング教室代表の右高(ミギタカ)です。登山、キャンプ、スキー、コーヒーが大好きな、女の子と双子の男の子のおとーさん。ニックネームはミギー。エクスマ69期、エヴァ16期、Beリセット心理カウンセラー

投稿者:

右高英一

右高英一

岐阜の小学生向けロボットプログラミング教室代表の右高(ミギタカ)です。登山、キャンプ、スキー、コーヒーが大好きな、女の子と双子の男の子のおとーさん。ニックネームはミギー。エクスマ69期、エヴァ16期、Beリセット心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です