自己紹介 番外編2

自己紹介の続きを書こうとしていたら、又書きたいことが浮かんできた。

なので、スミマセン!番外編2です。

岐阜のマーケティングアドバイザー

右高(ミギタカ)です♪

 

前回の番外編では小学校3、4年生での出来事を書いたんですけど、今回は5、6年生の時の話です。

 

卒業アルバムの写真がありました

 

この頃は昭和50年ころで、ちょうどファミコン(初代の赤いやつね)やガンプラ、少年ジャンプが一世を風靡していた時代でボクもご多分にもれず熱中していました。

今の妖怪ウォッチの比じゃないくらい盛り上がってたんじゃないかな。

ファミスタ(野球ゲーム)とか、シャアザク(ガンプラ)とか、Dr.スランプ(ジャンプ)なんかに夢中で楽しんでた。

ただ、ひとつの事を除いて…

実はその頃ボクは学校でいじめられた経験があったんです。

多分、自分の親も知らない出来事。

心配させたくなかったんだと思う。

細かいことは覚えていないけれど、教科書に落書きされたり便所で威されたりしたのかな。あんまり覚えていないもんですね。

もう、何十年も前の事だし…

ところが、先日行った壁下さんのマックスブログ塾でSNSの立ち位置は学校の時と同じだよっていう話を聞いたときに思い出したんですそのことを。

学校での立ち位置って言うことは又、SNSでいじめられるのかと思うと一瞬心が重かった。

けれど、スグ思い直したんです。

あれは本当なのかなってね。

例えば、今なら「ハゲ!」とか言ってイジられたりするけど、それはSNS的にオイシイ訳です。

それは「ハゲ!」に関して劣等感を大して感じてないから。

「ハゲ!」な自分を認められなくて自分でダメだと思ってるとそれはたちまち被害者になっちゃうってことになります。

そうなると「ハゲ!」って言われるといじめられてるって受け取ってしまうんですよね。

って言うか自分でハゲ、ハゲって言い過ぎてるし!(笑)

要するに自分で自分をダメだと思っているからいじめられてると言う現実に見えてしまうってこと。

もちろん、人に暴力を振るったりするのは良くないけれど、受け取る側にもそういう原因があったっていうことになる。

そう思わせてくれたのは、壁下さんのdisりには愛があるって感じられるから。優しさが感じられるんです。

じゃあ、過去の出来事だって愛情があったかっていうとそれはわからないけれど、小学6年生がした事ならたかが知れてるとも考えられる訳です。

親に怒られてムシャクシャしてたのかも知れない。

ただ、ボクが何か自分を卑下しててそう言うのをひきよせてたとも考えられる。

もしそうなら、ボクに劣等感がなかったとしたら?

そう考えると何だか重い気持ちが溶けてなくなってしまったんです。

だって当時の細かいことは覚えていないし。

あれ?過去が変わってしまったんじゃない?

これは、今ベストセラーになってる「嫌われる勇気」のアドラーが言ってたトラウマは存在しないという考えに近いなぁ。

じゃあ、小学校の時にいじめられたんじゃなくて、小学校の時いじめられたと思い込んでいたってことか。

何をひきずってたんだろう(笑)

恐るべし!マックスブログ塾!

 

おかげで大きな気づきをいただきました。

でも… 

気づきは気のせいだそうです!

 

 

そう。これはボクが勝手に気づいて思っていることだったんです。

講師の壁下さんは、コミュニケーションの達人なので本音で話してくれます。

何か人に気付かせようって思ってないってこと。

だから、かえって参加者が本心にふれて気づくんだと思う。

やっぱり深いブログ塾だ。

ということで自分を見つめたい方はマックスブログ塾へ!

 

 

 

と思ったらもう満員だって〜!

次、新潟であるそうなので壁下さんのブログをチェックしてください。

 
それでは〜♪


The following two tabs change content below.
右高英一

右高英一

岐阜の小学生向けロボットプログラミング教室代表の右高(ミギタカ)です。登山、キャンプ、スキー、コーヒーが大好きな、女の子と双子の男の子のおとーさん。ニックネームはミギー。エクスマ69期、エヴァ16期、Beリセット心理カウンセラー

投稿者:

右高英一

右高英一

岐阜の小学生向けロボットプログラミング教室代表の右高(ミギタカ)です。登山、キャンプ、スキー、コーヒーが大好きな、女の子と双子の男の子のおとーさん。ニックネームはミギー。エクスマ69期、エヴァ16期、Beリセット心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です