今、目の前にいる人がもう既存客なんです

毎日、暖かかったり寒かったりの日が続いてますよね〜。

世の中が春だと言っても目の前が寒ければ暖かい格好をして、暖かかくなれば一枚脱ぐ。

そんなことを心がけてれば風邪をひくこともないのかも。

それってお仕事にも同じことが言えますよね。

大きな流れを見て、目の前の現実に合った行動をする。

いつもエクスマの藤村先生が言っているのは真理について。

どんなことでも当てはまることが真理なんだと改めて思う3月はもう半ば。

岐阜のマーケティングアドバイザー

右高(ミギタカ)です♪

昨日は12名の方に集まっていただいて、マーケティングやSNSについてお話をする機会をいただきました。

ボクがお伝えできることは、今までエクスマで学んできたこととそれを実践してきたことだけなんですが、とっても反応がよくてこちらがビックリするくらい。

皆さんの心が少しでも動いたって感じられて、こっちも時間を忘れて1時間の予定が軽く30分オーバーでした^_^;

途中で何とか1枚だけ撮れた

その中でも話していたのが、急激な人口の減少と爆発的な情報流通のこと。

とにかくお客様に選んでもらうことが難しくなってる。

なので、今目の前にいる人は実は奇跡的な出逢いをしているってことなんですよね。

藤村先生は既存客の概念が変わったとおっしゃっています。

今の既存のお客様だけじゃなくブログの読者やSNSのフォロワーも既存客だって。

そして、既存客を死ぬほど大事にしなさいって。

SNSのおかげで繋がりやすい人には簡単に繋がれるし、そのお友達が商品を買ってくれるかも知れない。

例えば、岐阜で商売をしていて北海道にフォロワーさんがいたとして、そのお友達や親戚が岐阜に住んでいたら?

岐阜→北海道→岐阜と経由してお店を利用してもらえるかも知れない 。
そんなことが当たり前に起こるのがSNSです。

だから、ブログの読者であってもフォロワーさんであっても既存客として大切にすると結果としてお店の売上げにつながるんだと思うんです。

そして、昨日ボクのお話を聞いて下さった方はボクにとってもう既に死ぬほど大事な既存客さんだということ。

この選ばれにくい世の中で今日ほど「一期一会」ってことばがズシリと重みを感じ時代はないって感じてます。

昨日会った方たちのお仕事にボクが少しでも役に立てるとめっちゃ嬉しいなと感じた日でした。

そんな貴重な機会をいただけた葡萄屋の山田さん、ありがとうございま〜す!


The following two tabs change content below.
右高英一

右高英一

岐阜の小学生向けロボットプログラミング教室代表の右高(ミギタカ)です。登山、キャンプ、スキー、コーヒーが大好きな、女の子と双子の男の子のおとーさん。ニックネームはミギー。エクスマ69期、エヴァ16期、Beリセット心理カウンセラー

投稿者:

右高英一

右高英一

岐阜の小学生向けロボットプログラミング教室代表の右高(ミギタカ)です。登山、キャンプ、スキー、コーヒーが大好きな、女の子と双子の男の子のおとーさん。ニックネームはミギー。エクスマ69期、エヴァ16期、Beリセット心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です