人生のパイセンから学ぼう。今あなたがしなくてはならないこと。セミナー&WATANOYA NIGHT!!

岐阜のマーケティングアドバイザー
右高(みぎたか)です。

 

いきなりですが、この方をご存知ですか?

 

フジテレビの「人生のパイセンTV」にて

 

今、知る人ぞ知る、知らない人はまったく知らない人生のパイセンTVにも出演中の短パン社長。

 

もう芸能人よりも芸能人(笑)

 

その短パン社長こと奥ノ谷さんのセミナーが遠く千葉県柏市で開催されるということで行って来ました〜!

 

柏市がどこか知らないのでGoogle Map頼り^_^;

 

ボクがなんでわざわざそんな遠くまでセミナーに参加しに来たかというと…

それは、理美容師限定セミナーだったから。

僕のエクスマの先輩でもある美容室コンクスのオーナー松島さんの企画だったんです。

 

あ、この落武者の方です(笑)

 

この松島さんの美容室はスタッフさんも楽しそうでとっても素敵なんです。

その松島さんが他の理美容師さんにも短パン社長のお話を是非聞いてもらいたい!っていうアツい気持ちに奥ノ谷さんが応えたのが、このイベント。

このアツい想いをリアルで肌で体感したくて参加したんです!

個性を最大限に生かしてお客さまと絶え間ない関係性を築こう。

これが今回のテーマ。

短パン社長は実はアパレルメーカーの社長さん。

アパレルってカッコイイ、ファッショナブルっていうのを全面に出したがるそうです。

もちろん、そういうのが好きだからってその仕事を選んだのだと思います。

ボクもデザインの学校出身なので、その気持ちがよく分かります。

でも、それではもうお客さまにはもう選ばれなくなってるってこと。

お客様はたくさん似たような商品がある中で、どれを買ってもいい。

あるいは、どれも買わないという選択肢がある中で、どうしてあなたの商品を買わなければならないのか。

 

エクスマの藤村先生が何度も言われることです。

短パン社長がエクスマを学び始めたころに藤村先生に言われたのが、今いるお客さんがなんで自分のところで買ってくれていると思うって聞かれて教えてもらったのが…

 

短パンのことが好きだからだよ

 

それで、奥ノ谷さんはそれから自分のことを好きでいてくれるお客さんが喜ぶことだけをしていった。

例えば、こんなDMを作ったりして常に目の前のお客さまを楽しませてる。

 

自社のアパレル展示会の案内は映画007へのオマージュ

 

ボクも最近実際にそれを体験したんです。

短パン社長のブランド「Keisuke Okunoya」っていうのがあるんですが、ボクも大好きで何度も買わせてもらってます。

先日、その内の一枚が破れちゃった。

 

引っ掛けた破れてしまったカーディガン

 

で、奥ノ谷さんに忙しいのに悪いなぁって思いながらも思い切って相談してみたんです。

 

そして、サクッと直してくれました。

 

 

もうどこが破れてたか分からなくなるくらい♪

 

これも嬉しかったんですが、もっと嬉しかったのがコレ

 

ここにも直筆のメッセージが♪

 

そこにはお手紙が!

あんなに忙しいのにボクのことをわかってるし、何よりもお洋服のことが大好きなんだっていうのが伝わるメッセージ。

実は、あんなにいい生地で作られた想いのこもったカーディガンをボクのちょっとした不注意で破っちゃったので、内心怒られちゃうかなーって思っていたんです。

でも、書いてあったのは「お洋服ももっと大事にしてネ」

たった一言、たった一行なんだけど、お洋服は単なるモノではなくて、かわいいペットのような愛着のあるものなんだってことを教えてもらった気がしたんですね。

目の前のお客さまを喜ばせる。

これ、自分でちゃんと出来てるかな?

そんなことを思うんですね。

 

そう、これが必要!

セミナーの後はWATANOYA NIGHT!!

もう会場全体がひとつになってました!

 

  

いちばん大切なこと

最後にセミナー中にあったコンクスの石井さんのブログを紹介したいと思います。

本当に素敵な美容師さんは皆さんこんな気持ちを持ってる。

純粋ですごくアツいんです。

短パンさんも読みながら泣きそうだったし、会場全体が感動してました。

ぜひ、読んでほしいです。

当たり前の話になりますが、人間の致死率は100%

残念ながら人は必ず死んでしまう。

そう、かけがえのない人生なんですよね。

そのかけがえのない人生の中で、人は必ず、毎年歳をとる。

赤ちゃんだった子は小学生になり。小学生から担当していた子は今や、大学生になり。大学生だった女の子はママさんに。高校生だった女の子は立派なOLさんに。そして25歳の時にコンクスがスタートした僕も来年は35歳になる。

僕もお客さんも一緒に歳を重ねていくわけです。

コレは僕にとって本当に喜ばしいことに変わりありませんが、歳を重ねていけばいろんなものが変わっていく事も受け入れていかなければならないんですね。

【僕の志事】

貴女にとって最後の美容師でいる事。美容においての絶対的パートナーであること。

学び続けた上で全力を尽くし、貴女史上最高の美を継続する事。

圧倒的な信頼感で貴女の心の支えで居続けるコト。

そして、

おばあちゃん、おじいちゃんになってもツヤツヤなイケてるヘアースタイルを創ること。

 

今回、このライブ(もうライブだし、一本のドキュメンタリーの映画のよう)はスゴかった。

短パン社長、そして松島さんありがとうございました!サイコーです!

 

それでは〜♪

 


The following two tabs change content below.
右高英一

右高英一

岐阜の小学生向けロボットプログラミング教室代表の右高(ミギタカ)です。登山、キャンプ、スキー、コーヒーが大好きな、女の子と双子の男の子のおとーさん。ニックネームはミギー。エクスマ69期、エヴァ16期、Beリセット心理カウンセラー

投稿者:

右高英一

右高英一

岐阜の小学生向けロボットプログラミング教室代表の右高(ミギタカ)です。登山、キャンプ、スキー、コーヒーが大好きな、女の子と双子の男の子のおとーさん。ニックネームはミギー。エクスマ69期、エヴァ16期、Beリセット心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です